「投機的」へ格下げ、ソニーがぶつかった壁

話題の新製品はあるが、屋台骨がない

好調な売れ行きのプレイステーション4、独自技術を盛り込んだデジタルカメラ、原音に近い音質が自慢のハイレゾオーディオ──。最近のソニーには、話題になる新製品が少なくない。年初に米ラスベガスで開かれた家電展示会でも、多くの新製品を発表。「ソニー復活」の声も多く聞かれる。

しかし、マーケットの評価は極めて厳しい。1月27日、米ムーディーズはソニーの長期信用格付けを引き下げ、投機的水準とした。「コアであるエレキ事業(テレビ、携帯電話、デジタルカメラ、パソコンなど)の大部分では、引き続き収益が大きな下方圧力にさらされている」というのが格下げの理由。昨年11月には英フィッチも「投機的」に格下げしており、社債発行コスト上昇は避けられない。

確かに、ソニーの2014年3月期業績見通しは厳しい。第2四半期決算発表の際に、従来の営業利益予想2300億円を1700億円に引き下げたが、主力市場である欧米の年末商戦では苦戦を強いられたもようで、エレキ事業が全般に下振れしそうだ。13年3月期はニューヨーク本社ビルなど資産売却により2000億円超の営業利益上乗せがあったが、今期はそうした「ゲタ」を履いていない。そのため、エレキの採算の悪さが、そのまま利益数字に表れてしまうのだ。

次ページすぐに稼げるヒットなし
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。