第4回 生き残るためにすべきこと

先日の新聞で大手製薬会社が300人の人員削減を発表した。
 主力商品の開発に膨大なコストがかかるため、経営のスリム化を徹底し競争力を高めるためのようだ。これを市場は好感し、株価も上昇した。
 いまや“人員削減”という言葉は新聞紙上では、日常的に使われている。
 2000年前後のリストラクチャリング最盛期は会社の存続を賭けた最終手段だった。
 ところが、現在の“人員削減”はコスト戦略、人事施策のオプションの一つという位置づけになりつつある。
 サラリーパーソンにとって景気が回復しても安心・安定的な会社生活は「今は昔」となった。

次ページ担当課長の生きる道は3つ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。