西友のダイバーシティが一歩先行く理由

組織図にない組織が活躍

西友 人財部シニア・ディレクター 南由紀

流通業界は、女性従業員が多いこと、主婦をはじめとする女性がメイン顧客であることなどから、ダイバーシティ、特に女性の活躍推進が進んでいることが多い。西友もそのひとつだ。

同社は以前から女性の活躍推進に取り組んでおり、たとえばパート社員の正社員への登用を積極的に行っていたが、2008年に米ウォルマートの完全子会社になってから、その取り組みはさらに加速した。ウォルマート流のダイバーシティ推進の方法を、人財部人財企画/開発シニア・ダイレクターの南由紀氏に聞いた。

2015年までに女性店長比率を2倍に

──なぜダイバーシティの推進が御社にとって経営課題なのでしょうか。

弊社のアソシエイト(社員)は約8割が女性だ。そのため女性にいかに活躍してもらうかは重要な経営課題であり、長年、ダイバーシティの推進に向けた取り組みを行ってきた。

しかし、2002年にウォルマートと業務提携、2008年には同社の完全子会社となったことで、ウォルマートのダイバーシティ活動の取り組みについても情報共有が図られた。すると、まだやれることがあるということがわかった。

ウォルマートでは、ダイバーシティではなく、ダイバーシティ&インクルージョンと表現している。インクルージョンは包含するといった意味だ。ダイバーシティが多様性を組織に取り入れることを主眼とするのに対し、ダイバーシティ&インクルージョンは一歩進んで、全員が公平に組織に参加できるような環境・風土作りを主眼とする。

つまり、さまざまなバックグラウンドを持つアソシエイトを受け入れるだけではなく、チームとして活躍してもらえるような環境・風土作りを進めるといった意味だ。

次ページ組織図にない組織が活躍
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。