「産後クライシス」でギリギリの夫を救う方法

夫を救うのは、隣の夫?

「産後クライシス」で追い詰められる夫を救うのは誰か?(写真:アフロ)

※第1回記事「日本人を襲う『産後クライシス』の衝撃」

※第2回記事「産後クライシスは、いつ終わるのか?」

妻だけでなく、夫もギリギリ

「平日は連日残業。金曜の深夜に家に帰って、土曜は朝イチで朝食を食べて、子どもと一緒に公園へ。もう、これ以上ムリ。おれはどこで休めばいいんだ……」

前回、「出産後は、夫もうつになりやすい」という海外のデータを紹介しましたが、実は同様の研究が今、日本でも進んでいます。来年以降にその結果が出ますが、担当する研究者の話では、産後は一般に夫の負担も増えるため、海外と同様の結果が出る可能性が十分にあるということでした。

出産後、急速に夫婦仲が悪化する現象である「産後クライシス」。前回もお伝えしましたが、その対策にいちばん有効なのは、「産後に、夫婦で立ち向かうこと」です。しかし、夫もうつになるかもしれないような“ギリギリ”の状況では、それはとても困難です。

では、どうすればいいのか?

少し思い切った提案をします。

「産後クライシスが大きな問題であることを男同士でシェア」できないでしょうか?  職場の上司や同僚、地元の友人たちとこの言葉について話し合うのです。

今までの枠組みを越えるために

昨年、「あさイチ」で産後クライシスをテーマに1時間の放送をして以来、このテーマはさまざまな場所で語られるようになりました。

それは主に、

① ママ同士(女×女)で話し合う

② カップルや夫婦(男×女)で話し合う

この2つだったように思います。

この中で特に②男×女が増え始めたことは、問題解決への大きな一歩です。産後クライシスの多くは男女のすれ違いから起きています。そして、その何よりの対策は、互いに育児や家事をどう思っているかを話し合うことです。

次ページ話す相手を変えてみよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。