「産後クライシス」は、いつ終わるのか?

妻の機嫌が悪いのは、最初の半年なのか

産後クライシスはいつまで続くのか?(写真:Getty Images)

※第1回記事「日本人を襲う『産後クライシスの衝撃』」

妻の不機嫌と、ホルモンバランス

「産後クライシスを体験しました。でも、1年ほどでどうにか回復しつつあります」
 「今、息子が3歳だから、きっと切り抜けたってこと……ですよね?」
 「うちはいまだに、産後クライシス状態。子どもは来年、小学校なのに」

前回、出産後、急速に夫婦仲が悪化する現象=「産後クライシス」に関する記事を掲載した後、多くの方からさまざまな反響、ご感想をいただきました。その中にあった疑問のひとつが「産後クライシスはいつ終わるのか?」ということです。

いったい、産後クライシスはどれくらい続くのか。

これについては、ネット上でもさまざまな説が挙がっていました。たとえばこんなもの。

『産後のガルガル期は、ホルモンバランスによるもの。それが回復するまではガマン!』

“産後のガルガル期”とは、動物の母親が出産後に子どもを守るため、気性が荒くなることになぞらえて、ママたちが使うネットスラングです。この意見に従うなら、産後クライシスは半年ほどで終わる、という考え方もあるでしょう。

しかし、ホルモンバランスが回復する期間をひとつのメドにするのは、そのリスクをかなり小さく見積もっているかもしれません。

取材してわかったのは、産後クライシスの影響は想像以上に長く続くということです。たとえ離婚しなくても、一生にわたり夫婦に深い爪跡を残す可能性すらあるのです。

夫への愛が復活する妻、しない妻

興味深いデータがあります。

発達心理学が専門のお茶の水大学教授の菅原ますみさんが、257人の家族を23年にわたって追跡調査したものです。

次ページ「低迷層」が抱える爆弾
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。