5年ぶり、ほっかほっか亭が「のり弁」値上げ

食材高の波が弁当業界にもジワリ

来年1月からの値上げが明らかになった、ほっかほっか亭の「のり弁当」

持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」をチェーン展開するハークスレイは12月3日、2014年1月1日から看板商品である「のり弁当」をはじめとする10数品目を値上げすると明らかにした。

同社の青木達也・会長兼社長は競合他社との兼ね合いから、具体的な値上げ幅についての明言は避けたが、のり弁の価格は現在の290円から300円台に値上げする見通し。期間限定のイベント価格から通常価格に戻した特殊ケースを除くと、ほぼ5年ぶりの値上げとなる。

「便乗値上げではない」

1980年の創業当時、のり弁の価格は260円だった。その後は2~3年おきに約10円ずつ値上げされ、2006年には350円となっていた。しかし、牛丼チェーンの低価格攻勢やプレナスによる「ほっともっと」立ち上げなどを契機に、2009年には350円から一気に290円まで値下げした。以来、百円玉3枚でお釣りが来る時代が長く続いた。

「4月に価格を上げたのでは、(消費増税の)便乗値上げとマスコミに痛くもない腹を探られる」と、青木会長はこの時期に値上げに踏み切った理由を説明する。「便乗値上げと取られないように、4月1日以降は消費税分を加算するが、端数は切り捨てる」(青木会長)という。

次ページライバルも値付けに苦悩
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。