牛丼3社、流通系の攻勢受け苦しい闘い

足元の対応は三者三様ながらいずれもその場しのぎ

「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは一転減益見通しに

外食チェーンに関する限り、デフレ解消の兆しはまったく見えていない。スーパーの200~300円台という低価格帯の弁当やセブン-イレブンを中心とするコンビニエンスストアの新商品による攻勢をうけて、牛丼チェーンがますます苦境に陥っている。

加えて、食材価格の高止まりも追い討ちをかけた。今上期まではコメの価格が高かったほか、2月に輸入規制が緩和されたことで仕入れ価格が下がると見込んだ米国産牛肉の価格も各社の想定ほど下落しなかった。中国などアジア諸国を中心に牛肉需要が高まったことが主因だ。

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズの今上期の決算からは三者三様の対応に追われた様が浮かび上がる。

次ページ三者三様の対応
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。