コスモ石油株で、心も懐も満タンに

買いたい銘柄がないけど、この低位株は魅力的

(撮影:梅谷 秀司)
1万4000円から1万4000円台半ばの往来相場を、ようやく上放れたようにも見える日経平均株価。個別銘柄への取り組み方次第で差がついた局面が続いたが、10月末から11月上旬にかけて、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。日記で振り返ってみよう。

譲渡益課税対策、江崎グリコを売却

【10月29日(火)】13時15分、江崎グリコ(2206)を1062円で2000株売り、38万9463円の利益確定。買いは、8月29日の公募価格862円で。売値目標は1100円にしていたが、譲渡益課税10%が来年からは変更になるため、年内に売らなければならない。

目標を下げ1062円というちょっと半端な値段であるが、公募価格から200円上という価格にした。

売買利益のほかに9月末の配当(1株5円×2000株=1万円)と株主優待として、1600円相当の自社製品(菓子)ももらえ、「1粒で2度おいしい」ならぬ「1売買で3度おいしい」取引となった。江崎グリコ株の売買は投資歴29年で今回が初めて。たった2カ月間の株主だったが、株主となってからはコンビニへ行くと思わず「グリコ カフェオーレ500ml 110円」を意識して買ってしまうようになっていた。この株主としてグリコを応援する気持ちが今回の成功につながった(?)のかもしれない。

コスモ石油を175円で30万株買う

この連載の一覧はコチラ

今回の利益で、「グリコ カフェオーレ」を毎日10年間買えるくらいの利益となったが、これからも消費者として、また株価が下がれば株を買って株主としてグリコを応援したいと思う。日経平均は70円安い1万4325円と、昨日の307円高の利益確定売りが出たようだ。

【10月30日(水)】NYダウは111ドル高の1万5680ドルと、1カ月半ぶりの史上最高値更新。日経平均も上昇し、176円高の1万4502円。

次ページ買いたい銘柄が、見つからない!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。