ハーバード生が直面する「あなたは誰?」問題

「資本主義の士官学校」が教える真実

「資本主義の士官学校」で学生たちは何を学ぶ?

「資本主義の士官学校」――。ハーバードビジネススクール(HBS)は、そう呼ばれることがある。

……と聞くと、「合理的」で「株主至上主義」的な価値感を持つ、ドライなエリートを量産する教育機関、という印象を抱くかもしれない。実際、私も留学前は、人情が入り込むすきもない世界であるに違いないと思っていた。

しかし、実際に入学してみると、HBSの現実は、想像とはまったく異なるものだった。今回は、HBSが育てようとしているリーダー像を、自己体験を基にお伝えしたい。

あなたならどうする?

HBSの授業はすべてケースメソッドで進められる。経営者が対面した状況が記された20~30ページのケースを事前に読み込んだうえで、授業中は90人のクラスメートと80分間ディスカッションする。

教授から投げかけられる質問は、本質的にはただひとつ。「あなたならどうする?」だけだ。

学生は、経営者になったつもりで、限られた情報を基に状況を分析し、決断したことを発言する。期末試験も、ケースを渡され、「現状を分析して、アクションプランを書きなさい」というものだ。

たとえば、「100%ナチュラル」を宣伝文句にする子供向けのリンゴジュース製造工場のケース。あるとき、この製造工場に納入されている濃縮リンゴジュースが、砂糖水で希薄化されているといううわさが出た。

仕入先に問い合わせると、疑惑を激しく否定している。自社で簡易成分分析を行うが、問題なしとの確証は得られなかった。詳細な成分分析には数カ月かかってしまう。砂糖水で希薄化されていた場合の健康被害は確認できておらず、FDA(食品医薬品局)から明確な指示も出ていない。さて、あなたが経営者なら、このうわさだけでリンゴジュースの出荷を止めるだろうか?

私のクラスでは、まずアリソンが手を挙げた。

「100%ナチュラルを約束している会社が、それを証明できないならば、出荷を今すぐ止めるべきだ」

すかさずデイビットが言い返す。

「私はアリソンの意見に反対だ。財務諸表を分析したところ、リンゴジュースの出荷を止めると、○○万ドルの損失となる。風評被害も考えると、出荷停止は倒産につながる可能性が高く、ただのうわさだけで出荷停止するのは、株主や従業員に対して無責任すぎる」

次ページで、「あなたは」どう思うの?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
三菱商事vs.伊藤忠<br>なぜ今この2社が強いのか

伊藤忠・岡藤社長、三菱商事・垣内社長へのインタビューを一挙に掲載。業界トップに躍り出た伊藤忠、トップ奪還へ意気込む名門・三菱商事。2社を中心に5大商社の優劣を徹底検証。