一流MBAの女性は、なぜ旦那を捨てるのか?

美人妻のMBA留学を応援したが運の尽き

 グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
世界から集うMBA学生たちの恋愛事情は、”百獣の王”ライオンと似ている(写真:ロイター/アフロ)

 「ええっ、あいつも離婚しよったん?」

なんかいつもこんな出だしで恐縮なのだが、私の周りの離婚率は本当に高い。これは私の交友関係に問題があるわけではなく、業界的にもなにかと離婚する人が後を絶たないのだ。

以前のコラムでも少し触れたのだが、今回はなぜ一流MBAに通う女性の不倫率と離婚率が世界的に高いのか(私の単なる肌感覚だが)、香港のおうちの上空のクラブルームでビクトリア湾を眺めておかゆを食べつつ、皆さんと一緒に考えていきたい。

さて、私が留学していたとき腰を抜かしたのが、世界から集まる優秀な若者の、離婚率の高さだ。

世界中のエリートどころが集結するので、学歴も職歴も年収も何かと高いわけだが、この手の出世欲は攻撃ホルモン、性欲ホルモンのテストステロンが原動力なので、毛沢東とかケネディとか、世界的な野心家に女性が多かったのは何も偶然ではない。そういえば私がケニアのサファリでライオンを見にいったときも、獰猛そうな怖い顔つきのライオンに限ってプライド(メスライオンの群れ)の数が多かった気がする。

世界の資本市場のライオンを自負する私としては、何かと見習いたいケニアのライオンだが、その昔、バーバリーライオンというたてがみが立派な巨大ライオンがいたのをご存じだろうか(今も一部いるらしいが、基本的に野生では絶滅したとされている)。というわけで今回は、世界中からMBA留学に集まった“恋の百獣の王”、恋愛バーバリーライオンたちの壮絶な離婚事情をお届けしたいと思う。

次ページ刺激的なグローバルエリートに囲まれて・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
Dr.ストレッチ<br>伸びーる新業態

最近、街で見掛けるストレッチ専門店。中でもDr.ストレッチは首都圏、京阪神、福岡に展開、7年で100店超。60分6600円でもリピート率は高い。筋肉さながら伸びる業態に迫る。

  • 新刊
  • ランキング