ここがヘンだよ! 日本の“ガラパゴス観光”

JTBグループ本社社長が一刀両断

東京オリンピックの開催が決まり、日本を訪れる観光客、いわゆるインバウンド(訪日旅行)が拡大しそうだ。ただ、外国人を「おもてなし」する観光立国を日本経済の成長の原動力とするには、英語など言語の問題だけでなく、交通インフラはじめ課題も多い。かねてからインバウンドに力を入れてきた、旅行業界トップのJTBグループ本社社長である田川博己氏に、これからの7年で「日本がなすべきこと」を聞いた。
東京五輪開催までの7年間で、日本は観光立国に生まれ変われるか(写真:アフロ)

――東京オリンピックの開催が決まりました。インバウンド(訪日旅行)の拡大にも拍車がかかりそうです。

訪日外国人は今年1000万人を超えるでしょう。私の持論は、先進国はインバウンドもアウトバウンド(日本からの海外旅行)も人口の2割はあっておかしくない。だから、2400万~2500万人の訪日客になるのが普通でしょう。

そのために、東京オリンピックとパラリンピックを起爆剤に使うというか、ターゲットがはっきりわかったので、これから7年間、東京を日本のショーケースとしてどう示していくかだと思います。

日本は観光資源が豊かですが、それをお客様に見せる形での整備がされていないですね。「住んでよし、訪れてよし」な街を作って、そこに人を呼んでくる。両方必要ですね。

東京という大都市でそれが表現できたら、ひとつのモデル地区になって、日本のあらゆる都市でそうした整備が進むのではないか。「おもてなし」と滝川クリステルさんが言ったけど、それを技術的、科学的に証明するものが欲しいですね。

1964年の東京オリンピックのときには、日本の技術力を見せて、日本はもう戦後ではないと示した。今回のオリンピックでは、日本の持っているツーリズムの力とか、スポーツの力、文化の力を集めて発信すべきです。

次ページ飛行機は高いし、船には不思議規制
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。