広がる「官製婚活」、成果は出ているのか?

自治体の婚活支援は活況だが、課題も多い

11月中旬に東京で開かれた九州・山口県の合同婚活支援イベント「ミライカレッジ九州・山口 LIFE DESIGNミッション」。9県は婚活や移住の支援で連携した取り組みを行っている(写真・ツヴァイ)

11月中旬の日曜日、東京・渋谷のヒカリエホールに福岡県の博多明太子や佐賀県の佐賀のり、長崎県の皿うどんなど九州ならではの食材を使った変わり種のロールケーキが並んだ。といっても開かれていたのはグルメイベントではない。九州・山口県9県が合同で開催した婚活・移住促進イベントだ。

イベントに集まったのは20~30代の独身男女144名。地方移住をテーマにしたトークセッションの後、参加者は男女ほぼ同数で県ごとに分かれ、ワークショップに取り組んだ。課題は、各県の特産品を使った特製ロールケーキのPRや、県の魅力を伝えるためのポスター作りだ。参加者は実際にケーキを試食し、ホールロビーに配置された各県のブースも回りながら、ポスターを完成させていった。

婚活イベントらしく、ワークショップはテーブルごとの自己紹介からスタート。作業が進むと、参加者の表情は和み、会話も多くなっていった。参加者は九州・山口地域へのU、I、Jターンの希望者。出身地や興味のある地域といった共通の話題があると、初対面でも会話が弾みやすいようだ。

人口減への危機感で九州・山口がタッグ

佐賀県の山口祥義知事は「結婚、出産、育児の希望がかなう社会づくり」に力を入れている。自身も男性の育児参加を呼びかけるキャンペーン動画に出演している(写真:ツヴァイ)

九州と山口の9県が婚活や移住の支援で手を組んだのはなぜか。九州全県の人口は2015年に2005年比で2.5%減少。全国の0.5%減を上回る人口減のペースに各県は強い危機感を抱く。イベントで登壇した佐賀県の山口祥義知事は「自治体の婚活支援には賛否両論あるが、出会いや結婚のすばらしさを自治体がアピールすることには意義がある。地域のよさも積極的にアピールしていきたい」と話す。

今回のイベントは結婚相手紹介大手のツヴァイが、移住情報誌『TURNS(ターンズ)』および電通と共同で2015年に始めたプロジェクトの1つだ。地方創生に「地域活性化」と「結婚支援」の両面から取り組み、「都会から地方への人の流れ」を作るのが狙い。ライフデザイン(人生設計)講座や移住促進イベントなどを自治体から受託している。

次ページカップル成立率52%の婚活ツアーも実施
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?