「新幹線」でバレる!残念すぎる人の3大欠点

「座席を占領、異臭、騒音…」あなたは大丈夫?

新幹線に乗った途端にバレる二流の証とは?(画像:dosanite / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「二流」は乗車前に大量に食料を買い込む

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「のぞみ、ひかり、こだま……何回聞いても、どれが各停で、どれがいちばん速いんか、わっからへんでー!!」

世の中には、新幹線に乗った途端、残念すぎるその二流っぷりが、バレバレにバレてしまう人が存在する

東京駅から乗ったら始発で自由席でも座れるのに、品川駅から乗るものだから、自由席で座れる確率が激減してしまう、おっちょこちょいな人たち。

出発の数分前まで駅弁コーナーで大量の駅弁を吟味して、揚げ句の果てに1つに絞れず「カニ弁当」と「幕の内弁当」2つを買ってしまうのは、残念すぎる乗客の基本だといえるだろう。おまけに、おやつにと柿の種も1袋買ってしまうのだから、恥ずかしいくらいの食い意地にも程がある。

そういう残念な人に限って、せっかく車内でアイスクリームを買ったのに、溶かすタイミングを間違えて「ドロドロの二流のアイスクリーム」を食べる羽目になっているのだから、もはや掛ける言葉もないのである。

「学歴の高さやIQの高さ」と「新幹線に立派に乗れるかどうか」は関係がない。「新幹線への乗り方」を見ただけで、本当に仕事ができる人かどうか赤裸々にバレてしまうものである。

それでは、新幹線に1回乗っただけですぐにバレてしまう、その人の「人間的欠陥」「人格的故障」っぷりとは、いったいどのようなものだろうか? 早速、紹介していこう。

次ページ「その荷物、邪魔すぎ…」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。