「飛行機に乗る」とバレる!残念な人の6欠点

「手荷物、飲食、携帯電話…」あなたは大丈夫?

各航空会社には定時運行のプレッシャーがかけられていることを、お忘れなく!(撮影:尾形文繁)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「二流」は空港や機内のルールを守れない

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「ファイナルコール、トゥー、ミスター・ムーギー・キム、ファイナルコール……」「やっかましぃな~~~、俺を置いて飛べるもんなら飛んでみんかい‼」

と威勢よく啖呵(たんか)を切ったはいいものの、信じられないほどグズグズしている間に空港で飛行機に置いてきぼりにされた二流の人間は、私だけではあるまい。

世の中には、飛行機に乗ろうとした途端、または乗った途端、「二流の暗闇」に墜落してしまう人がいる。

時間ギリギリに空港カウンターに到着するのは当然のことながら、到着するターミナルを間違って、右往左往する二流の搭乗者たち。

ろくに飛行機に乗れない人たちは、そこから免税店で買い物に明け暮れ、「当分、和食とは遠ざかるのだから、その前におすしでも」と悠々自適の空港ディナーを満喫するのだから、もはやかける言葉もあるまい。

これに対して「一流の人」は、飛行機に乗るときも一流だ。機内でウエルカムカクテルを提供されても、シャンパンに食らいつくでもなく悠然とお茶を頼み、仕事への臨戦態勢を確保する

やはり一流の人は、飛行機に乗っても一流なのである。

「頭のIQや学歴の高さ」と「飛行機に立派に乗れるかどうか」は関係ない。それでは、飛行機に乗った途端にバレてしまう、機体の故障よりも深刻な「人格的欠陥」「人間的故障」とはどのようなものなのか? 早速、紹介しよう。

次ページ「没収」されたこと、ありませんか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。