「タクシーに乗る」とバレる、残念な人の3欠点

「におい、騒音、料金…」あなたは大丈夫?

二流のタクシー空間の特徴とは?(写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「二流の乗客」と「二流の運転手」がいる

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「あ、ここで停めてください。メーター切って。うぁー待て待て待て待てっ‼ 今メーター90円上がったやろ? ワシはこの90円、払わへんからな~~‼」

世の中には、タクシーに乗った途端、「二流の本領」を発揮する人たちがいる

タクシーに乗ったかと思えば、道順をひたすら指定して運転手さんをイライラさせる二流の乗客たち。さらに、「景気どないでっか」と経済情勢の調査を始めたり、「運転手さん、前はどんな仕事してたの?」と個人的な詮索を始めたりするのだから、はやくも三流エンジン大全開である。

これに対し、一流の人物は、タクシーに乗っても一流である。「ニューオータニガーデンコートまでお願いします」と、行き先も高貴な響きがするのは当然のことながら、自分がいかに偉かろうと運転手さんに丁寧な「ですます調」で敬意をもって接するのである。

降りるときは、90円ほどの小銭をチップにするのはもちろん、支払いが1620円のときも2000円を渡して380円をチップにするのだから、そこに「一流の神髄を見た」といえるだろう。

「学歴の高さや頭のIQ」と「タクシーに立派に乗れるかどうか」は関係がない。世の中には、タクシーに乗った途端、その人の「人間的失格ぶり」「人格的破綻ぶり」がこのうえなくにじみ出てしまうものである。

それでは、タクシーに乗った途端、赤裸々にバレてしまうその人間的欠陥ぶり、人格的故障の実態とはどのようなものなのだろうか?

タクシーでの「二流ドラマ」は、運転手さんと乗客の双方から繰り広げられるため、双方にまんべんなく視点を向けながら、早速、紹介していこう。

次ページけっこうヤバイ「異臭騒動」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。