マツダ「CX-8」が脱ミニバンで目指す新境地

プレミアムブランドへの脱皮に向け真剣勝負

マツダが12月に発売する3列シートSUV「CX-8」。ミニバンから撤退し、新たな顧客の取り込みを狙う(撮影:尾形文繁)

「1人でも多人数でも、運転していて楽しいSUVに仕上がった。父親だけでなく、乗り心地のよさで奥様や家族にも気に入ってもらえる」

マツダの小飼雅道社長が自信たっぷりに語ったその車とは、2年ぶりの新型車、SUV(スポーツ多目的車)モデルの「CX-8」だ。

価格は319万6800~419万0400円。発売は12月14日の予定だ。CX-8の開発を率いた商品本部の松岡英樹・主査は、「自分らしさを大切にする価値観の方に乗っていただきたい」と話し、「マツダプレミアム」をうたったデザインをアピールした。

エンジン展開は排気量2.2リットルのディーゼル「SKYACTIV-D」のみ。主力SUV「CX-5」の搭載エンジンをさらに改良した。渋滞時に前方車に追従するオートクルーズ機能や360度ビューモニターなどもオプションで搭載できる。

男性でも余裕のある「3列シート」を搭載

最大の特長は、日本では珍しい3列シートにある。三菱自動車の「アウトランダー」や日産自動車の「エクストレイル」といった競合SUVにもついているが、あくまで補助席としての役割だ。

2列目と3列目に段差をつけることで、余裕のある3列シートを実現した(撮影:尾形文繁)

CX-8は、2列目と3列目の間に段差を設けることで足を入れるすき間を広げ、身長170センチメートルの大人が快適に過ごせる空間を作った。家族3世代で長距離ドライブをする際、3列目に祖母、母親、あるいは子どもが座ることを想定しているが、男性でも窮屈に感じない広さを実現しているという。

実は27年前、まだミニバン市場がなかった頃に、マツダは「MPV」に3列シートを初めて導入したパイオニアだ。「今回は、国内で3列シートSUVという新市場を創造していきたい」。小飼社長は誇らしげにそう宣言した。

次ページCX-8は「ミニバンの代替」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。