アルファロメオ、名車「ジュリア」復活の狙い

来年にはブランド初のSUVも日本で発売へ

アルファロメオが10月に日本で発売する4ドアセダン「ジュリア」。最上級モデルの「クアドリフォリオ」(写真)にはフェラーリの技術を生かしたV型6気筒エンジンが搭載された(撮影:鈴木紳平)

伝説の名車「ジュリア」が40年ぶりに復活する。

欧米自動車大手、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の日本法人、FCAジャパンは9月6日、アルファロメオのスポーツセダン「ジュリア」を発表した。

往年のアルファロメオファン、「アルフィスタ」たちには垂涎のニュースだろう。ブランドの本拠を置く欧州で発売されてから約1年、10月14日にようやく日本でも発売される。価格は標準グレードで446万円。排気量2リットルの直列4気筒エンジンを搭載した後輪駆動車だ。

排気量2.9リットルのV型6気筒エンジンを載せた最上級モデル「クアドリフォリオ」も用意された。FCAと提携関係にある高級車メーカー・フェラーリのV型8気筒のエンジンをもとに開発したという。価格は1132万円。車体の側面にあしらわれたのは、「お守り」の意味を持つ四つ葉のクローバーのマークだ。

高級ドイツ車ファンを引き寄せられるか

「既存のプレミアムブランドとも互角に戦える先進機能や利便性も兼ね備えた。ジュリアと同等クラスのBMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラス、レクサスなどに乗る人たちにも訴求できる」。FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長はそう語り、強気な姿勢を見せた。複数の販売店によれば、実際にドイツ車ユーザーなどからの関心が高いという。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は、高級車市場でのジュリアの健闘に期待する(撮影:鈴木紳平)

FCAは今、アルファロメオをグローバルブランドとして復活させようとしている。欧州では2017年1~6月、ジュリアの販売が牽引し、アルファロメオ全体の販売台数が前年同期比で40%増えた。中国にも初参入し、1990年代半ばに撤退した米国での展開も決まった。新型ジュリアは従来モデルよりも一回り大きくなっており、米国市場を意識していることがうかがえる。

日本でも攻勢をかける。FCAジャパンは2019年までに、アルファロメオ単独で年間販売1万台の突破を目指す。ただ、2016年の実績はわずか1767台にとどまる。

これに対しては、「アルファロメオはコアなファンが多いものの、競合となるドイツブランドに比べ、ブランド力やファンの数、販売網の面では弱い。1万台超えは難しいのでは」(輸入車に詳しい独コンサルティング会社、ローランド・ベルガーの貝瀬斉パートナー)との声もある。

次ページディーラーテコ入れで巻き返し
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。