マツダ「CX-8」が脱ミニバンで目指す新境地

プレミアムブランドへの脱皮に向け真剣勝負

ミニバン開発で先行したマツダだが、実はCX-8の発売に伴い、「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」のミニバン3車種の販売から順次撤退する。他社の競合であるトヨタ「ヴォクシー」、日産「セレナ」、ホンダ「フリード」といったミニバンと闘えなくなったことが原因だ。

(出所)日本自動車販売協会連合会、マツダ

一方、足元のSUV市場は活況を呈している。そこで、大人数が乗れる車は欲しいが、ミニバンが持つ「ファミリー感」や「マイルドヤンキー」的なデザインに抵抗感を抱いている新たな客層を、SUV投入で取り込みたい考えだ。

マツダが強みとする、一括企画に基づいた、部品や車台の共通化を特長とする生産体制「コモンアーキテクチャ」を活用。CX-8は米国専用の3列シートSUV「CX-9」をベースに、車の前方はCX-5、後方はCX-9のプラットフォームを組み合わせて開発した。日本向けに全長を5メートル未満に抑えている。

ミニバン撤退で、より「プレミアム」に

マツダの小飼雅道社長はCX-8に大きな期待を込めている(撮影:尾形文繁)

CX-8はビアンテやプレマシーに比べ、最低価格ベースで85~120万円ほど値上がりしている。さらにミニバン特有のスライドドアはなく、割安感や使い勝手を求めるユーザーの流出が想定される。ただ、「マツダが打ち出したいプレミアムなブランドイメージを確立することで、よりブランドに共感するユーザーを取り込める」と東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストは分析する。

CX-8のデザインは「Car as art(芸術としてのクルマ)」をコンセプトに、SUVらしい力強い面と、大人の落ち着きを共存させたという。マツダとして打ち出すメインカラーも、これまでのレッドからグレーへと変わり、CX-5などのスポーティなイメージから、より上品な印象へと変化させた。

質感のなめらかなシートや本物の木材を使った内装など、素材使いにもこだわった。デザイン本部の諫山慎一・チーフデザイナーは「こだわりの書斎のような空間に仕上げた。日本のものづくりに見られるような、固有の美意識を入れ込んだ」と語る。

次ページマツダが目指した方向性
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。