新型iPhoneに満載される革新は期待以上だ

最先端ではないがガッカリしてはいけない

「Apple Park」内にある1000人収容の「Steve Jobs Theater」のイメージ。ここで発表会が行われるのだろうか(アップルのホームページより)

アップルは例年、9月第2週から3週にスペシャルイベントを開催し、新型iPhoneを披露してきた。今年もその慣例を踏襲することになりそうであり、周辺は早くも熱気を帯び始めている。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は米国時間の8月28日、アップルが米国時間9月12日にスペシャルイベントを開催すると報じた。同記事によると、ここ2年間使われてきたサンフランシスコから、クパティーノに建設中の新社屋「Apple Park」内にある1000人収容の「Steve Jobs Theater」とのこと。もし実現すれば、アップル新本社施設の初お披露目であり、それだけでも話題を集めそうだ。

なぜ9月12日なのか

WSJが報じた9月12日という日取りは、筆者が東洋経済オンラインで配信しているメールマガジンで予測していたものと一致する。

アップルは例年、発売最初の週末を第4四半期決算に含まれるように発売日を設定している。今年も同じように考えれば、発売日は9月22日金曜日となる。そこから逆算し、1週間前の9月15日金曜日に予約開始となると、9月8日金曜日もしくは9月11日月曜日の週にイベントを開催しなければならない。

もうひとつ9月12日でなければならない事情がある。日本で現在展開中のケータイや他社製スマートフォンからの乗り換えキャンペーン「Switch to iPhone」の終了日は、日本時間9月12日。この期間中は新製品の発表がないと考えるべきであり、そうなると早くても日本時間9月13日(すなわち米国時間9月12日)が発表日なのである。

次ページ「変わり映えしない」との厳しい評価も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。