iPhoneで一足先に「iOS 11」を体験する裏技

「使えなくなるアプリ」も確認しておこう

かつては有料でデベロッパー登録をしていなければβ版を利用できなかったが、今ではApple IDを登録して、プロファイルを端末に書き込むだけですぐに利用が可能になる(筆者撮影)

この秋、次期バージョンとなるiOS 11が登場し、iPhoneやiPadが大きく進化する。ファイルの概念が導入されるのは、大きな変化のひとつ。これまで、iPhone、iPadはアプリ単位でファイルを管理していたが、ファイルアプリが登場することによって、PCと同様、ファイルやフォルダを作成できるようになる。

この連載の一覧はこちら

また、iPad Proに関しては、Apple Pencilの用途が大幅に拡大され、PDFなどを表示した際にペン先を当てるだけで、手書きが可能になる。ロック画面からそのまま文字や絵を描けるようになる「インスタントメモ」も便利な機能だ。iPad向けの大型アップデートが多いiOS 11だが、iPhoneもSiriがより賢くなり、翻訳に対応するなど、ビジネスに役立ちそうな進化がある点は見逃せない。普段からiPhone、iPadを活用している人なら、今すぐにでも使いたいはずだ。

この大型アップデートを秋まで待てないという人が、いち早くiOS 11を利用する裏技がある。それが、「Apple Beta Software Program」だ。あくまで利用できるのはβ版という位置づけで、完成版ではないため、トラブルが起こる可能性もゼロではないが、新機能を今のうちから試すことができるのは大きなメリット。OSの完成に向け、アップルに対してフィードバックを送ることもできる。このβ版を利用する方法を紹介していこう。

1.手順は通常のアップデートとほぼ同じ

β版といっても、難しい手続きは不要。かつては有料でデベロッパー登録をしていなければβ版を利用できなかったが、今ではApple IDを登録して、プロファイルを端末に書き込むだけですぐに利用が可能になる。

β版のiOS 11をインストールしたいときは、まずアップルのサイトにアクセス。ここで「登録」ボタンをクリックして、Apple IDとパスワードを入れ、規約を読んで承諾すれば、プログラムへの登録は完了する。この作業は、PCから行ってもいいし、iPhoneやiPadを使ってもいい。

登録が完了したら、次にiPhoneやiPadに、プロファイルをインストールする。 Safariを開き、構成プロファイルの置かれているURL(beta.apple.com/profile)を入力してダウンロードしてみよう。これで、利用中の端末が、プログラムに登録された形になる。あとは、通常のOSアップデートと手順は同じ。「設定」を開き、「一般」の「ソフトウェアアップデート」でiOS 11をダウンロードできる。

次ページ徐々に完成版に近づいていく
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。