iPhoneで一足先に「iOS 11」を体験する裏技

「使えなくなるアプリ」も確認しておこう

現行バージョンでこのようなアラートが表示されたアプリは、iOS 11で利用できなくなる(筆者撮影)

iOS 11のβ版をインストールすると、いくつかのアプリが使えなくなってしまうかもしれない。実は、iOS 11から、アップルは32ビットの環境で開発されたアプリのサポートを打ち切っている。そのため、アプリ開発者は、アプリを64ビットに対応させる必要に迫られている。継続的にアップデートされているアプリは、すでに64ビット化していることも多いが、アップデートが放置されているアプリは要注意。32ビット版のまま、更新が終わってしまっている可能性がある。

残念ながら、利用者側が取れる解決方法は、アプリを削除し、代替となるものを探すか、アプリ開発者に問い合わせて64ビット対応を促すことの2つしかない。どちらも難しい場合は、過去のアプリとして利用をあきらめるしかない。頻繁に利用しているアプリだと困るかもしれないが、こればかりは仕方ないだろう。

3.iOS 11で使えなくなるアプリを確認しておく

「設定」→「一般」→「情報」→「App」で、互換性のないアプリ一覧をチェックできる(筆者撮影)

iOS 11で使えなくなるアプリは、現行OSが入っている状態でも確認することができる。アプリを開く際に、「○○○はアップデートの必要があります」とアラートが表示されたら、そのアプリはiOS 11に非対応ということになる。そのアプリがどうしても必要なときは、秋にiOS 11がリリースされる前に、64ビット化の対応予定を確認しておこう。

ひとつずつアプリをチェックするのが面倒というときは、設定でまとめて64ビット対応の有無を確認できる。設定を開き、「一般」の「情報」から、「App」を選ぶと、互換性に問題のあるアプリ一覧が表示される。これらのアプリをタップすると、App Storeの当該ページが起動する。開発者に連絡を取りたいときは、ここからウェブサイトにアクセスするといい。同じ開発者が、似た機能を持った別のアプリをリリースしていることもあるため、代替となるアプリを探す際にも、この一覧が役に立つはずだ。

すでにApp Store上にアプリが存在しないときは、64ビット化する可能性はゼロということ。このようなときは、容量の無駄にならないよう、アプリをアンインストールしておこう。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。