詳報!新型iPadProは「魔法の仕事道具」だ

「両手の指」でアプリをまたぐ操作が可能に

6月5日の基調講演ではアップルのCEO(最高経営責任者)、ティム・クック氏も登壇(著者撮影)

アップルの世界開発者会議「WWDC 2017」が6月5日(米国時間)に開幕した(6月9日までの日程)。今年はサンフランシスコからサンノゼへと会場を移し、5300人の参加者が75カ国から集まった。

初日の朝に行われた基調講演では、アップルのソフトウエアの刷新を中心として、6つのアナウンスが行われた。簡単にまとめると以下の通りだ。

6つのアナウンスとは?

1)tvOS 11発表。今年後半からApple TVでのAmazonビデオのサポート

メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」が創刊しました。6月9日号ではWWDCの詳細リポートをお届けします。お申込みはこちら

2)watchOS 4発表。Siriを活用した文字盤の追加や、ジムのマシンとの連携が発表された

3)macOS High Sierra発表。MacBook、MacBook Proの刷新、iMacの刷新、iMac Proの発表。

4)iOS 11発表。機械学習や拡張現実(AR)環境への対応を強化

5)iPad Pro 10.5インチモデル発表。12.9インチモデルを刷新

6)HomePod発表。Siriを利用するスマートスピーカーとして米国・英国・豪州で12月に発売

今回発表された4つのOSは、開発者向けに当日からプレビュー版の配信が始まり、6月下旬からは登録したユーザーに対してパブリックプレビューが配信される。また、正式版は秋に配信され、無料でアップグレード可能だ。

アップルは今回の発表を通じて、開発者にSiriや機械学習、AR(拡張現実)を活用したアプリの開発を促進させる狙いが透けて見える。テクノロジー業界の巨人、グーグル、アマゾン、フェイスブックが積極的に取り組む分野であり、アップルも当然研究開発を進めていたが、アップルは自身が提案するだけでなく、WWDCに集まる開発者に対して、こうしたテクノロジーを活用するよう呼びかけた。

アップルはiPhone向けにApp Storeを開設して以来、開発者のアイデアによる魅力的なアプリを、iPhoneの魅力として活用してきた。WWDC 2017でも、引き続き、アップルが開発者とともに歩む姿勢を強調した。

次ページ新しいハードウエアも発表された
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。