孫正義がほれた「シェアオフィス」の超絶価値

急成長ベンチャーとの出会いはインドだった

WeWorkが展開するシェアオフィスは、人と人とのつながりが生まれやすいように設計されている。写真はロンドンオフィスの様子(写真:WeWork)

ソフトバンクグループを率いる孫正義社長の視線は、今米国で最も熱いベンチャーに注がれている。

ソフトバンクグループは7月18日、シェアオフィス運営大手のWeWork(ウィーワーク)と折半出資で合弁会社「ウィーワーク・ジャパン」を設立すると発表した。ウィーワークはこの合弁会社を通じ、2018年初をメドに日本でのオフィス運営を始める。

ソフトバンクは子会社2社を通じて3月にウィーワークへすでに3億ドル(約330億円)を出資。今後出資額を増やし、総額30億ドルを投じる見通しだ。ウィーワークはこれらの調達資金を元手に世界展開を加速する。

創業から7年で企業価値は2兆円超え

来日したWeWorkの共同創業者、ミゲル・マッケルビー氏(編集部撮影)

ウィーワークの創業は2010年。CEOのアダム・ニューマン氏とCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)のミゲル・マッケルビー氏の2人が立ち上げた。「新しい働き方をするイノベーターをサポートし、人と人とがつながる機会を提供したかった」。来日したマッケルビー氏は起業した理由をそう語る。

同社は未上場だが、これまで44.5億ドルの資金を調達。米メディアは現在の企業価値を200億ドルと報じた。この2年半で4倍にまで増えた。ライドシェアのウーバーや民泊のAirbnb(エアビーアンドビー)に続く「ユニコーン」(企業価値評価額が高いベンチャー)として注目を集めている。

孫社長とウィーワークとの出会いは、2016年1月。場所はインドだった。同国のモディ首相が主催したスタートアップ企業と投資家をつなぐイベントの場で、孫氏はニューマンCEOと会った。2人はその場で、「一緒にシェアオフィスを作って世界中のクリエイターをサポートしていこう」と意気投合したという。

次ページウィーワークの強みとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。