ツイッター、元ゴールドマン幹部をCFOに起用

8月末から、43歳ネッド・シーガル氏が就任へ

 7月11日、米ツイッターは、元ゴールドマン・サックス幹部のネッド・シーガル氏(43歳)を、8月末から最高財務責任者(CFO)に起用すると発表した。写真はツイッターのロゴ。NY市で昨年9月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は11日、税務・会計ソフトウエアの米インテュイット<INTU.O>の財務担当シニア・バイスプレジデントで、元ゴールドマン・サックス<GS.N>幹部のネッド・シーガル氏(43歳)を、8月末から最高財務責任者(CFO)に起用すると発表した。

昨年11月からツイッターのCFOと最高執行責任者(COO)を兼務しているアンソニー・ノト氏はCOO職に留まる。

ツイッターによると、シーガル氏は2009年から13年まで、ゴールドマンでマネジングディレクターおよびグローバルソフトウエア投資銀行部門の責任者を務め、ハイテク企業の合併や新規株式公開(IPO)の助言に携わっていた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。