日本の不妊治療の現場に関する「2つの不安」

現場実務を担う「胚培養士」の実情

意外と知られていない不妊治療の現場の実態とは?(撮影:今井康一)

「顕微授精」に抱いたある疑問

ある不妊クリニックで治療を受けていた40代の夫婦。採卵後、胚培養士からカウンセリングがあった際、「顕微授精」にある疑問を抱いていたため、下記の質問をしてみたという。

「採卵した卵子に針を刺して、精子を入れて授精させるということに問題はないでしょうか」「運動しているというだけで精子は完璧なのでしょうか」

担当の胚培養士からは「まったく問題ありません」と自信にあふれた表情で即答され、安心したという。

「胚培養士」という言葉。初めて耳にする人も多いだろうが、実は不妊治療において胚培養士が重要な役割を担っている。

「治療方法の選択」「採卵」などは主に医師が行うが、「卵子と精子」を直接取り扱い、顕微授精に代表される「受精(授精)させる」ための技術を直接提供しているのは多くの場合、胚培養士なのだ。

その後の「受精卵や胚の培養」「移植前の胚凍結融解」などに関しても、この胚培養士が作業を行う。そのような重要な役割を担っている医療従事者である胚培養士だが、日本では医師や看護師と違って国家資格などの公的な資格ではなく、あくまでも学会が認定する資格である。

次ページ胚培養士は公的資格にはなっていない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。