益子直美が12歳下の夫と乗り越えた死の恐怖

つらい妊活、そして突如襲われた大病

益子直美さん夫婦を襲った苦難とは?
毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。今回の主人公はかつての女子バレーボール界のアイドル、益子直美さん(50)だ。

今から約30年前。高校3年で日本代表チームに抜擢された彼女は、その実力とルックスで女子バレー人気を牽引。引退後も、テレビや雑誌に引っ張りだこ。写真集が発売されたこともある。

そんな直美さんが結婚したのは2006年。当時40歳。結婚相手の年齢は28歳。なんと12歳違いの「年の差婚」だった。夫は山本雅道さん。プロの自転車ロードレーサーで、直美さんと同じく元日本代表選手でもある。現在も、サイクリングチーム・シエルヴォ奈良の監督兼選手として活躍している。

ふたりが出会ったのは2002年。直美さんがテレビの仕事で自転車ロードレースのレポートをしたのが、キッカケだった。レース中、先導車に乗り込んで直美さんがレポートをしている時のこと。ひとりの選手が車の横を自転車で通った。その選手は並走しながら車中の直美さんに声をかけた。

「(益子さん綺麗なので)見とれちゃいました」(雅道さん)

レース中にもかかわらず……ナンパである。この大胆不敵な選手が雅道さんだった。レース後の宿舎でも雅道さんの猛アタックは続いた。

当時、直美さんは36歳、雅道さんは24歳。同じ干支で一回りも年下。だが、そんなことは全く意に介さない雅道さんのアプローチで交際がスタート。1年間の交際の末、ゴールインした。

結婚当初、直美さんには年齢差に対する不安はなかった。「私は、普通より体力あるし、筋力あるし、頑丈だし、気にしていなかった」(直美さん)。現役時代には台所に立ったこともなかった直美さんだが、料理の腕もメキメキ上達。明るくてラブラブな家庭だった。

だが、直美さんには、年齢ならではの、ある焦りがあった。

「子供が欲しい、夫の遺伝子を残したい」

「子供が欲しい、家族が欲しい、ふたりの愛の証が欲しい、雅道の遺伝子を遺したい。どうしても欲しかった」(直美さん)

結婚した時、すでに40歳だった直美さんは、子供を作ることを強く望んだ。人一倍体力はある。病気もしたことがない。普通に生活してさえいれば、子供は授かるものと、思っていた。

次ページしかし、妊活は困難を極める
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。