TASAKI、ファンドに翻弄された「10年」の決着

いったいファンドはいくら儲かったのか

MBKパートナーズは2008年にTASAKIへ出資し、2015年には一度は全株を売却。今度は全株を取得する(写真:編集部撮影)

5月11日、宝飾品大手TASAKIのTOB(株式公開買付)が終了した。発行済み株式総数の83.47%の応募があり、下限目標の66.67%を上回ったので、TOBは無事成立。TASAKIは7月27日に上場廃止になる。

今回の買収者は大手投資ファンド・カーライルのスピンアウト組が設立したMBKパートナーズ傘下のスターダスト。同社は、MBKが資本金5000円で設立したペーパーカンパニーである。

スターダストは3月24日にTASAKI株への公開買付を発表、TOB価格は2205円だった。直近1カ月平均株価に対するプレミアムは43.93%、1株純資産比3.7倍と、株主にとっての条件はまずまずだ。

出資を要請するからMBO?

スターダストは、買収に必要な318億円のうち200億円を三井住友銀行から借り、残りはMBKからの出資で賄う。公開買付届出書によれば、MBKは最大186億円を出資する予定のため、後日、200億円の借入金のうち、70億円は返済する可能性はある。

TOBの成立後に、TASAKIの代表取締役CEOである田島寿一氏と、取締役兼執行役副社長の小川崇亨氏の2名も後日出資する可能性があるので、MBO(マネジメントバイアウト=経営陣による自社買収)ということになっている。

とはいえ、両氏の出資予定額は2人分合計でも最大で8億円強。買収総額の2.7%、MBKの最大出資予定額の4.6%でしかない。しかも出資は「MBKが出資を要請した場合」に限るという珍しいケース。

会社側は取材に対し、「出資要請がないということは想定していない」としているが、要請がなければ両氏はスターダストへの出資が叶わず、つまりはMBOではなくなる。

MBKによるTASAKI買収は今回が2度目になる。1回目はTASAKIが経営危機に陥った2008年10月。当時、同社は年間売上原価の1.8倍に相当する在庫と、EBITDA(償却前営業利益)の18.9倍に相当する350億円もの有利子負債を抱えていた。

次ページファンドはどの程度儲かっているのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。