賃金が物価よりも上昇しないとデフレは続く

GDPデフレーターを分析するとよくわかる

輸入価格の上昇を上回る賃金上昇がないとデフレ脱却は難しい (写真:Syda Productions / PIXTA)

消費者物価は上昇だがGDPデフレーターはマイナス

5月19日に発表された1~3月期のGDP(国内総生産)統計では、GDPの物価指数ともいえるGDPデフレーター(GDPの物価水準。名目GDP÷実質GDP)が前年同期比でマイナス0.8%となった。

この連載の過去記事はこちら

消費者物価はエネルギー価格の下落などから、2016年に入ると前年比で下落基調となり、2017年になってようやく上昇に転じた。消費者物価の動きから、一時はデフレに逆戻りかという懸念が出ていたものの、ここへきて逆戻りの懸念は弱まったと判断される。

ところが、逆にGDPデフレーターの動きからすると、デフレに逆戻りという懸念が強まりつつあるように見える。

GDPの主要な需要項目のデフレーターを見てみると、政府最終消費支出を除いて、すべての項目で上昇率はマイナスからプラスに転換しており、1~3月期には物価が上昇に転じたことが確認できる。このような中で、個別の需要項目を統合したGDPデフレーターの上昇率はなぜマイナスとなっているのだろうか。

それは、GDPデフレーターの上昇率は純粋に国内で起こった物価上昇を示すものであり、輸入原油の価格上昇といった輸入品が引き起こした物価変動分を取り除いているからだ。

次ページGDPデフレーターがプラスになる場合
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。