安倍内閣に居並ぶ「更迭予備軍」も酷すぎる

1強政権に、こうもダメ大臣が増えたワケ

二階派パーティは暗転、翌26日、辞任し陳謝する今村雅弘前復興相(写真:共同)

東日本大震災の被災者救済が任務の復興相にあるまじき失言や暴言で今村雅弘氏(70)=衆院比例代表九州ブロック=が4月26日、更迭された。前日の講演で「(東日本大震災発生が)まだ東北だったから、よかった」と発言したことが"決定打"となった。

今村氏は26日午前、首相に辞表を提出、受理されたが、実態は首相の逆鱗に触れての閣内からの追放だ。不倫問題で経済産業政務官を辞任(18日)し離党(21日)に追い込まれた中川俊直氏(47)=衆院広島4区=に続く不祥事に、27日からロシア、英国歴訪に出発する首相はいらだちを隠せない。野党は「すべては首相の任命責任」(民進党)と政権攻撃を強める構えだ。現在の内閣には「虚偽」や「拙劣」な答弁の繰り返しで国会審議の混乱を招いてきた"更迭予備軍"も複数存在するだけに、首相周辺からは「早期改造か解散での人心一新しかないのでは」とのヤケ気味の声も漏れてくる。

首相の逆鱗に触れ、派閥のボスが引導渡すパターン

昨年8月の内閣改造で復興相として初入閣した今村氏だが、最初のトラブルは4月4日午前の記者会見だった。福島県内の避難指示区域以外から逃れてきた「自主避難者」への住宅支援打ち切りについて、「自己責任だ」などと被災者の感情を逆なでする発言を連発、フリージャーナリストから執拗に追及されると、「うるさい。出ていきなさい」と激高した。被災者らからの批判の高まりに、午後になって「感情的になってしまった」などと弁明したが、その後の言動に「反省の色がない」(自民幹部)と与党内からも問題視されていた。

その今村氏が25日夕、所属する二階派のパーティで講演した際に東日本大震災に言及し、「まだ、東北だったからよかった。あれが首都圏だったら被害はもっと甚大だった」と暴言を吐いた。来賓として招かれ講演の直後にあいさつした首相は、あえて冒頭で「極めて不適切な発言があったので深くお詫び申し上げる」と陳謝し、不快感をあらわにした。慌てた今村氏は詰め寄る記者団に発言を撤回、謝罪したが、同氏の親分でもある二階俊博自民党幹事長は「本人の自覚の問題」と怒りを隠さず、与党の公明党からも厳しく批判され、同夜に二階氏から「今村氏には辞任を勧めている」と"引導"を渡された。

次ページ閣僚人事の何がいけなかったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。