カネ、不倫、放言…安倍チルドレンは酷すぎる

なぜ国会議員は子どもだらけになったのか

3月にはチリで行われたTPP閣僚会合に越智隆雄・内閣府副大臣(左)、薗浦健太郎・外務副大臣(中央)とともに出席していた中川俊直氏(右)だったが…(写真:Agencia EFE/アフロ)

「北朝鮮危機」で国民の政治への関心が高まり、安倍晋三首相による"1強政権"が求心力を強める中、自由民主党当選2回生の相次ぐ不祥事が政権の足を引っ張っている。最新の共同通信の世論調査でも73%が「政権の緩み」と回答するなど、史上最長を狙う安倍政権のアキレス腱ともなりかねない状況だ。

過去4回の衆院選のうち2005年の「郵政選挙」、2009年の「政権交代選挙」、そして2012年の「政権再交代選挙」では「風に乗った」新人が大量当選するケースが続いた。これらの新人群はいずれも勝った政党のリーダーの名前を冠して「〇〇チルドレン」と呼ばれ、いま話題となっている2012年組が「安倍チルドレン」だ。もちろん議員達の活動ぶりは様々だが、問題児続出の背景には議員"大量生産"に伴う政治家としての「資質」の欠如が際立つ。

「不倫のDNA」の中川氏は議員辞職のピンチ

最新の不祥事の当事者は中川俊直衆院議員(47)=広島4区=だ。中川氏は4月18日に突然、経済産業政務官を辞任した。20日発売の週刊新潮が同氏の不倫問題を報じることが理由で、18日夜、自身のフェイスブックで「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです」とのコメントを掲載し「すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません」と謝罪した。しかし、政務官の不祥事だけに野党側の反発で国会での委員会審議も空転し、事態悪化をおそれた自民党執行部は21日に中川氏に離党を促し、同氏も離党届を提出、受理された。

中川氏は祖父から3代続くいわゆる「世襲議員」。父親で自民党幹事長も務めた秀直氏も、同じ女性問題などで第2次森内閣の官房長官を辞任した経緯があるため、ワイドショーも一斉に「不倫のDNA」などと騒ぎ立てた。国会運営への影響も出たことから自民党の二階俊博幹事長も「中川なんて見たこともない」と怒り心頭で、中川氏が所属する細田派を通じて党から追放した。

次ページ「安倍チルドレン」の不祥事
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。