山ほど働いても「平気な人」と「病む人」の差

死ぬくらいなら会社を辞めるのも一手だ

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』(あさ出版)から一部抜粋

日本では年々過労死が増えていて、厚生労働省によると2015年に過労死・過労自殺した人の数は482人に上ります。また、過労死までに至らなくても、心身の不調により休職や退職に追い込まれる人が少なからず存在しているというのが医師としての私の見解です。

では、仕事で頑張ることは大切だけれど、いったいどこまで頑張り続ければいいのでしょうか。

この質問に対しては、

「月平均80時間以上残業をして頑張ることはやめてください」

と答えるしかありません。残業時間月80時間以上が続くと過労死のリスクが高まるといわれているからです。しかし、人間には個体差がありますし、職場によって受けるストレスは変わってきますので、100時間残業しても平気な人もいれば、80時間以下の残業時間でも、心や体を壊す人もいます。

次ページヒトには個体差がある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。