若い貧困者が「見えない傷」をこじらせる理由

生活保護と貧困スパイラルの密接な関係

薬局のように精神科を利用する貧困者と、無駄に大量の処方薬を出す精神科医が存在する
前回記事(貧困の多くは「脳のトラブル」に起因している)では、これまで取材してきた貧困当事者と、脳梗塞で軽度の高次脳機能障害を負った著者の共通点から、「過酷な経験は人の脳を壊す」「貧困もまた脳を壊す」「壊れた結果、人は貧困から抜け出せなくなる」という推論(当事者的には確信)を立てた。
これによって、取材の中で感じたいくつもの疑問に答えが出ると感じている。たとえば、貧困取材の中で出会った当事者が、取材期間中にますます困窮度を増していく「貧困悪化のスパイラル」の理由だ。

 

この連載の一覧はこちら

仲岡さんという20代の女性も、そんなケースのひとりだ。仲岡さんは元は介護職で資格も持っていながら、職場内で起きた人格そのものを否定されるようなトラブルをきっかけに、メンタルを病んで失職。取材の段階では都内の大衆キャバクラに勤めていた。といってもその勤務態度は劣悪で、時間どおりに起床できないゆえの無断欠勤が続いて店から課されるペナルティが積み重なり、結局、取材から数週間後には店を飛んだ(逃げた)。

再度の連絡が来た頃には、家賃光熱費、通信費などを支払うと、次のキャバクラの面接に行く交通費もないという状態だった。

そんな折、仲岡さんの協力を得て、主治医である精神科医の問診に同席することになった。彼女いわく、そのクリニックはほとんど問診せずに精神系の処方薬の処方箋を出してくれることで有名なのだという。

精神科医に生活保護申請の相談をするも…… 

僕にとっては「ザルクリニック」(無駄に大量の処方薬を出して転売業に加担する悪質な精神科クリニック)への潜入取材という機会でもあり、仲岡さんからすれば取材を絡めれば謝礼が急場のシノギにもなるし、クリニックへ向かう足も確保できるという算段だったのだろう。加えて仲岡さんにはこの日もうひとつの目的があった。もはや生活保護を申請するしかないと覚悟を決めていた仲岡さんは、クリニックの主治医に申請のための相談をしたいというのだ。

だがこの日、このクリニックで彼女の主治医と交わした会話は、今も心の底に嫌な記憶として残っている。

その精神科は、都心繁華街の薄汚れた雑居ビルの中にあって、付近のキャバクラ嬢と風俗嬢御用達(あとヤクザも)というクリニックだったが、初老で妙に威圧的な野太い声の医師は、「じゃ、前回と同じお薬でいいですね」と冗談みたいな短時間で問診を打ち切ろうとし、すかさず仲岡さんが生活保護のことを持ち出すと、面倒くさそうに、むしろ露骨に迷惑そうに、こう言った。

「今、中村さんは仕事していないんですか? おカネがないようには見えないんですけど?」

仲岡である。目の前で電子カルテの開かれたモニターを見ながら、名前を間違えたのもショックだったが、仲岡さんは経済的な苦境はたびたび訴えてきたはずだ。だが、医療費とこの病院に来るまでの交通費を払えている時点で、そこまでの経済困窮にあるとはこの医師は到底想像がつかないのだという。

次ページ続けて医者が言った言葉とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。