「ワンオク」は世界でベビメタを超えられるか

米国人の元ミュージシャンが分析!

海外での活動にも精力的なONE OK ROCK。写真は昨年7月、米ミシガン州で行われたライブの様子(写真:Scott Legato/ゲッティイメジーズ)

LOUDNESS、松田聖子、宇多田ヒカル……。米国でのメジャーデビューを果たした日本人アーティストはそう多くない。その中でも、本当に「成功した」と言える例はまだないかもしれない。しかし近年、活躍の場を海外に広げ、注目を集める若手アーティストは着実に増えている。ONE OK ROCKもそんなバンドの1つだろう。

2005年に結成した4人組の彼らは、日本ではティーンエージャーを中心に絶大な人気を誇り、ライブチケットは「瞬殺」状態で売り切れる。活動の場は海外にも広がっており、2015年には海外レーベルと契約。同年9月には、先に発売されたアルバムをすべて英語に歌い直し、『35xxxv Deluxe Edition』を発売したほか、海外でのライブも精力的に行っている。さらに、今年1月には日米ほぼ同時に新アルバム『Ambitions』を発売し、iTunesで上位入りしたことが話題になった。

同じ国のグループは比較されやすい

しかし、このバンドの実力ははたしてどれほどのものなのだろうか。

米国の音楽ファンに向けて、米国以外のバンドについて論評を書く場合、どうしてもそのバンドと同じ国出身のグループとの比較は避けられない。たとえばスウェーデンのバンドについて書く場合、レビューにおいてABBAが言及されないことは珍しいだろう。たとえそのつながりがどれほど薄くても、だ。

ONE OK ROCKにしても同じで、彼らを取り上げた米国の音楽論評の中には同じく10代を中心にセンセーションを巻き起こしているBABYMETALへの言及が後を絶たない。

表面上は、この2つのバンドを比べるのは滑稽に思える。パフォーマンスはもちろん、バックバンド(非常に技術のある「神バンド」)がかき鳴らす高速でアバンギャルドなメタル音楽に10代のアイドル歌唱をのせたBABYMETALの音は、ONE OK ROCKのオルタナティブでありながら枠にはまらない、堂々としたロックと比べたら違う星から来たようなものだからだ。

だが、米国のファンたちは、ネットで「どちらがより人気があるか」を質問する投稿をしたり、フランスでのツアー中にこの2つのバンドが一緒に撮ったインスタグラムの写真に対する興奮を分かち合ったりして両者を比較している。

次ページ2つのバンドが比べられるワケ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。