「非正社員数を増やした」500社ランキング

1位イオン9万人増、M&Aの影響大きい会社も

トップは非正社員数でも1位の流通企業だ(撮影:高橋 孫一郎)

パート・アルバイトや派遣で働く非正規労働者の数はこの10年で約280万人増え、2016年に2016万人となっている(総務省「労働力調査」)。実際に非正社員を増やしているのは、どんな会社なのか。

東洋経済オンラインは昨年に続き、上場企業で働く非正社員の実態を調査した。これまで「最新!これが『非正社員の多い』トップ500社」(3月16日配信)、「『非正社員への依存度が大きい』トップ500社」(3月23日配信)を紹介してきたが、第3弾として5年前と比べて非正社員数を大きく増やした上位500社の最新ランキングをお届けしよう。

データは各社の決算期にあわせて、2015年11月期~2016年10月期と2010年11月期~2011年10月期を比較して、非正社員人数の増減数を調べた。直近5年間は、景気の回復局面にあったこともあり、非正社員、従業員をともに増加させた企業が多い。

非正社員の人数は、有価証券報告書の従業員の注記に、「非正社員」が「臨時従業員」として開示されている人数を取得したもの。有価証券報告書では、期間従業員やパートタイマーなどの臨時従業員数が全従業員数の1割以上を占める場合に、年間の平均人数を開示することが義務付けられている。製造業は臨時従業員が多いものの、直近あるいは5年前のいずれかの時点が、全体の1割に満たない人数だったために開示されておらず、ランキングの対象外になっている場合もある。

製造業では期間従業員の人数が増加

ランキング1位はイオン。2位のトヨタ自動車に4倍以上の差をつける9万0291人の増加だった。非正社員数26万1356人は絶対数の多さでもトップだ。同業のダイエーやマルエツを子会社化して、売り上げ規模を拡大したのと同時に、従業員数、非正社員数ともに急増した。

次に製造業に注目すると、正社員と比較して、期間従業員を大きく増加させている傾向がみられる。2位のトヨタ自動車は2万0447人増の8万6843人、7位のデンソーは1万1949人増の3万0454人、8位のスズキは1万1882人増の2万0294人になった。

景気の波によって生産量が変化する製造業では、生産量を増やすために、正社員を増やせば、需要の悪化で生産量を減らさなくてはいけないときに雇用調整が難しくなる。こうした生産量の変化を懸念して、期間従業員を増やしているとみられる。

6位のSOMPOホールディングスが非正社員数を急増させたのは、2015年12月にワタミの介護株式会社の全株式を取得して連結子会社化したことが大きい。非正社員数をセグメントごとにみると、損害保険事業が3121人、国内生命保険事業が394人なのに対し、子会社化した介護・ヘルスケア事業が含まれるその他セグメントの人数は1万4696人となっていて、非正社員の大半を占める。このようにランキング上位には、M&Aによって従業員数とその構成が変化した会社もある。

次ページまずは1~50位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。