「非正社員への依存度が大きい」トップ500社

80%超は94社、外食などサービス系が目立つ

学生アルバイトが多い外食業の非正社員依存度は総じて高い(写真:Fast&Slow / PIXTA)

3月16日に配信した「最新!これが『非正社員の多い』トップ500社」には、多方面から反響が寄せられた。全労働者の約37.5%まで拡大した非正社員なくしては成り立たない企業や産業も少なくない。

東洋経済オンラインは昨年に続き、上場企業で働く非正社員の実態を調査した。第1弾の非正社員をたくさん雇っている会社のランキングに続いて、今回は非正社員比率の高い会社を紹介しよう。

有価証券報告書にはいわゆる「非正規社員」が「臨時従業員」として規定され、その数が全従業員数の1割以上を占める場合、年間の平均人数を開示することが義務づけられている。そこから、上場企業の非正規社員比率を割り出して、上位500社をランキング化した。

データは各社の決算期に合わせて、2015年11月期~2016年10月期の有価証券報告書より取得した。非正社員数、従業員数、5年前と比べた非正社員の増減数も併載した。5年前との変化を追うことで、各企業が置かれた状況や人事戦略の一端が透けて見えてくる。

業績好調と不振が併存

小僧寿しとセリアが95.3%で同率トップ。小僧寿しは持ち帰りずしチェーンの老舗だ。経営不振から非正社員を大きく減らしているが、非正社員への依存度は高いままだ。一方のセリアは、デザイン性の高い商品ラインナップで人気を集める100円ショップチェーン。業績は好調で全国への新規出店を加速する格好で、非正社員数も大きく拡大。2社は対照的といえよう。

トップ10の業種は、流通や外食などサービス系がほぼ占める結果となった。2015年以降に新規上場して初の調査対象となった、ベルシステム24ホールディングスとデファクトスタンダードが、初めてトップ5に入った。

3位のベルシステム24ホールディングスは、コールセンター事業の大手として知られる。従業員1356人に対し、派遣社員を除くパートタイマーと契約社員などの非正社員は2万5304人で、その非正社員比率は94.9%になる。国内のコールセンター事業では人手不足も深刻となっているため、AIを活用した運用の方法を模索している。

5位のデファクトスタンダードは、ブランド品買い取りの「ブランディア」などのサイトを運営する。売上高、営業利益ともに増収増益が続いていて、業績は堅調。2016年9月期時点で一般的な従業員は46人だが、パートタイマーは746人を抱え、非正規社員は94.2%となっている。

非正社員比率が90%以上なのは16社、80%以上は94社だった。一般的な従業員より非正社員の人数が多い会社(非正社員比率50%超)は460社あった。

次ページまずは1~50位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。