糸井重里社長「上場後の楽しみは優待と総会」

上場したほぼ日、「ポスト糸井」も課題に

ほぼ日のアンテナショップ「TOBICHI」(東京・南青山)の外観。イベント会場にも使われる(写真:ほぼ日提供)

他社との提携、上場後はありうる

――フィールズに限らず、今回の上場を機に他社とのいろんな提携が出てくる可能性は?

具体的にはないが、ありうると思いながら事業計画を立てていく。これまではこちらから口説くこともなかったが、他の会社を口説く時期が来ているのかもしれない。

――そういった提携の際、資本関係についても踏み込む可能性は? ほぼ日のほうが出資したり、その逆があったり。

具体的にならないと、なんとも。でも「生活の楽しみ展」などはアーティストや作家と呼ばれる人たちとも一緒にやるが、会社ともやると思う。まだ想像の範囲だが、「生活の楽しみ」という中に僕らがコンセプトを考えて、自動車会社が乗ってくれるといったこともなくはない。主婦の人が使う軽トラックがあったらどうだというアイデアも入ってくるかもしれない。そこまで大きな話ではないが、山やキャンプ用品のモンベルという会社があって、僕はバス釣りをしているときに、よい会社だと思っていた。そこの折りたたみ傘というのが「生活の楽しみ展」の中に入ってくる。それも「生活の楽しみ展」という場がなかったら、ありえなかった。

上場後は、そういうことは何かもっと大きい規模でもいろいろできるんじゃないかと思う。だから、(コピーライター時代のように)宣伝を引き受けて広告をやる、というのじゃない組み方だったら、結構いろいろな可能性があるんじゃないかな。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。