「高年収女子」がさっぱり貯蓄できないワケ

落とし穴は「何げない日常」に隠れていた!

収入は結構あるのにおカネが貯まらないのはなぜ?(写真: ふじよ / PIXTA)

同世代と比べてはるかに高年収なのに、なぜか貯蓄がほとんどない……という女性が時々、マネーの相談にきます。彼女たちは、決まって「それなりに稼いでいて、特に無駄遣いしていないのにおカネが貯まらないんですよね……」と言います。今回は、32歳年収800万円なのに貯蓄が100万円というRさんのケースを取り上げ、貯まらないワケを見ていきましょう。

高年収女性の給料はタクシー代と体のメンテナンス代へ

仕事が忙しく、毎日終電まで仕事をしているというRさん。稼いでいる割に仕事が忙しいのでおカネを使う暇がないのだとか。その割に、おカネが貯まらないのがお悩みのようですが、Rさんによく話を聞いてみると、終電に間に合う日でも、週のうち半分はタクシーで帰ってしまうそうです。

また、週末は、ジムに通ったり、整体・マッサージ・エステに行ったりなど、健康維持や体のメンテナンスにおカネを使っている自覚はあるのだとか。そこで、忙しくてまったくおカネの管理はできていないようだったので、支出の分析から始めてもらうことにしました。

まずは、1カ月だけ、おカネを使うたびにレシートを取っておいて、何の項目にどれくらい使っているのかを記録してもらいました。その結果、タクシー代と体のメンテナンス代、合わせて月12万円もの出費になっていることが判明! Rさんも「使っているな」とは思っていたものの、こんなにも出費がかさんでいることに、びっくりしていました。

次ページ「スタバ代」「コンビニ代」という「落とし穴」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。