「鳥貴族をつくった男」の知られざる悪戦苦闘

脱チェーン店理論で作りあげた儲けの仕組み

鳥貴族創業者の大倉忠司氏(撮影:今井康一)
不振の居酒屋業界において異例の成長を続ける鳥貴族。外食業界を30年以上にわたって取材してきた筆者がその正体に迫る短期集中連載の第2回は、鳥貴族のビジネスモデルを作り上げた創業者、大倉忠司氏の半生を追う。(編集部)
第1回:「鳥貴族」がワタミをついに追い抜いた理由(2017年2月14日配信)

飲食業の面白さに目覚めるきっかけ

鳥貴族創業者の大倉忠司は、1960年に中小企業の街、大阪府東大阪市で生まれた。生家はブリキ玩具の「型」を製造する町工場だった。両親と2歳上の兄の4人家族で、機械の音や油のにおいに囲まれて育った。

高校2年生の16歳のとき、ビアガーデンでアルバイトを始め、2年間通った。社員からまじめな仕事ぶりが認められ、焼き鳥とおでんの部門を任されたのが飲食業の面白さに目覚めるきっかけとなった。高校を卒業後、調理師専門学校で1年間学んだ。1979年に一流ホテルのイタリアンレストランに入社した。

大倉が焼き鳥専門店チェーン「全品280円均一 鳥貴族」を開発した直接のきっかけは、このイタリアンレストランでウエーターを務めていた頃に、地元の東大阪市の「全品230円均一」の炉端焼き屋によく通ったことだ。

大倉は居酒屋が好きだった。その店はお通しなしの明朗会計。低価格の割には高品質だった。大倉は飲料・フードメニューを注文するとき、原価率はどれが高くてどれが安いかと頭の中で考えてオーダーするのが楽しかった。「自分が店をやるときもこういう低価格・均一料金の店をやりたい」と思った。

大倉はホテルのレストラン勤めを3年間で辞めた後、「やきとり大吉」(ダイキチシステム、本社・大阪市)のフランチャイズチェーン(FC)オーナーが大吉から独立し、「焼鳥道場」を開業したときに誘われて、1982年ごろから3年近く焼き鳥屋で修業した。

次ページ25歳のときに第1号店を開業する
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。