「怪しい調査書」とは結局のところ、何なのか

元スパイが作成したリポートが政争の具に

1月20日、大統領就任式で家族と握手をするトランプ新大統領。1月11日には、「怪しい調査書」をめぐる報道への怒りをあらわにしていた(写真:REUTERS/Kevin Lamarque)

「アメリカファースト(米国優先)」「米国をもう一度偉大な国に!」――高らかにそう宣言したのが、ドナルド・トランプ第45代米国大統領だ。

この特集の一覧はこちら

「まさか」といわれた当選から2カ月半。虚実入り交じった情報をツイッターで発信するトランプ氏は、客観的な事実・真実を重要視しない「ポスト・トゥルース(ポスト真実)」時代の申し子といえる。そんなトランプ氏自身が「フェイクニュース(偽ニュース)」と呼ぶ、通称「怪しい調査書」が注目を集めている。

トランプ氏とロシア政府の深い関係をつづったA4サイズの文書のトップには「極秘」とある。書き手は英情報機関の元スパイのクリストファー・スティール氏である。

信憑性に疑問を挟む関係者は少なくないが、後述するように米情報機関幹部らがその概要について1月上旬、オバマ大統領(当時)やトランプ氏に説明したところを見ると、「まったくのウソ」として無視するわけにもいかない。これはいったい、どのような調査書なのか。まずはその全容を見ていこう。

「怪しい調査書」に書かれていること

話は約1年前にさかのぼる。2016年初め、米共和党の反トランプ勢力が関連する調査会社「フュージョンGPS」は、元スパイのスティール氏に対し、トランプ氏とロシアとのつながりについて調査を委託した。

こちらが、怪しい調査書の一部。バズフィードが一部伏せ字で全文書を公開した

スティール氏は海外での情報活動をする「MI6」にかつて勤務しており、ロシア事情に詳しい。同氏の会社「オービス・ビジネス・インテリジェンス」が、早速調査を開始した。

当初は共和党内の反トランプ勢力が資金を提供していたものの、予備選挙が終わりトランプ氏が大統領選の共和党候補となると、ある民主党支持者が調査資金を出すようになった。つまり、反トランプ派の要請による調査報告書ということだ。

次ページ内容があまりにも深刻
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。