トランプ相場で大暴落から身を守る投資法

「長めの投資」だけでは、相場に勝てない

カリスマ投資家は暴落に備え、つねに準備を怠らない(写真 :kotoru / PIXTA)

カリスマ投資家の相場観はさすがだった! 日本株は、2017年初も好調スタートだったが、米国のトランプ大統領就任演説前に、日経平均株価が昨年末の終値を下回ってきた。このあと内田氏はどんな戦法で臨むのか。どうやら、戦術の一部変更があるようだ。いつものように「株日記」を見てみよう。

リソー教育は、「小池相場」でもう一段上昇も?

【1月4日(水)】NYダウは、119ドル高の1万9881ドルと大幅高、再度大台の2万ドルにチャレンジしそうな勢いだ。NY原油は、1バレル=55ドル台と1年半ぶりの高値水準。

2017年の大発会、寄り付きの601円(前日比7円高)でリソー教育(4714)を5300株売り、117万5606円の利益確定。平均買値は、379円。9時3分、11円高の605円まであったが、終値は601円。605円は10月31日に付けた年初来高値なので、ここを抜けて来るかどうか注目している。日経平均株価は、479円高の1万9594円と大幅高。ご祝儀相場かな?

【1月5日(木)】午前5時半、日経225先物は、30円高の1万9660円。NYダウは、60ドル高の1万9942ドル。リソー教育は、5円高の606円で寄り付き、あっさり年初来高値を更新。9時31分、620円(前日比+19円)で1万株売り、240万9006円の利益確定。昨年11月の初の四半期配当6円の権利を取り、600円以上になったら保有株の端数1万5300株を売ろうと思っていたので、予定どおり実行。残り保有株10万株。昨年の4月ごろには最大で26万株保有していたが、株価が上がるに従って売り上がってきた。本日終値は、24円高の625円と高値引け。

次ページNYダウが2万ドル寸前まで上昇!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。