30代から成長したい人が持つべき「3つの鏡」

僕が「貞観政要」を座右の書にする理由

古典の必読書『貞観政要』とは?(写真:Graphs / PIXTA)
「この1300年間で、最高のリーダー論」と呼び声の高い、中国古典『貞観政要』(じょうがんせいよう)をご存じでしょうか。希代の読書家にして注目の経営者である、ライフネット生命・出口治明さんも「座右の書にしている」古典です。どんな内容なのか、どんなふうに読むとよいのか。そのポイントを『座右の書「貞観政要」』を上梓した出口さんに伺います。

時代を超えた帝王学の教科書とは

僕は、価値観の押し付けが大嫌いです。価値観や人生観は人それぞれ固有のものですから、他人がああしろ、こうしろと強制することは本来的にできないと思っています。

ですから、ライフネット生命の社員に「この本を読みなさい」などと言ったことはありません。本が嫌いな社員もいますし、勉強する方法は本以外にもある。人から学ぶことも、旅から学ぶこともできます。

その僕が例外的に、岩瀬大輔(ライフネット生命・社長)に、「これを読め」と薦めた本があります。その本が、『貞観政要』です。

『貞観政要』は、唐の第2代皇帝、太宗(たいそう)・李世民(りせいみん)の言行録です。「太宗」とは、太祖(創業者)に次ぐ功績のあった皇帝に与えられる廟号(死去した後に贈られ、廟に載せられる名前のこと)です。

太宗と臣下(部下)の政治上の議論や問答が、全10巻40篇の中にまとめられています。「貞観」とは、当時の元号(年号/西暦627~649年)のこと。貞観の時代は、中国史上、最も国内が治まった時代(盛世)の1つといわれています。

次ページ名君の条件は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。