「弱気レポート」に楽天が異例の反論

株価は割高と指摘するアナリストにかみついた。

インターネット通販国内大手の楽天が7月2日に出したプレスリリースが、市場関係者の間で波紋を呼んでいる。

リリースは「三菱UFJモルガン・スタンレー証券のアナリストレポートについて」と題された内容で、同社の荒木正人シニアアナリストが発行したアナリストレポートを「分析が極めて浅い」と指摘した。そのうえで、「同氏による過去及び将来のレポートは当社への投資判断の一助とはなりえないと判断しており、投資家の皆様におかれても参考とされないようお勧め致します」と結論づけた。また、最後には「今後同氏の取材については一切お受けしません」との考えも記載した。

荒木氏が楽天に関するアナリストレポートを発行したのは、6月21日の株式市場が引けた後だ。「“アベノミクス銘柄”として株価上昇、割高感ありと考える」とのタイトルで、機関投資家向け中心の投資判断基準を、それまでのニュートラルからアンダーパフォーム(弱気)に引き下げる内容だった。同レポートが発行された後、土日を挟んだ週明け24日の楽天の株価終値は、前週末より62円安い1201円となった。

次ページ三菱側はレポートを修正
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。