「普通の高校生」が性犯罪の標的になっている

犯人はSNSで弱みを握り面会を強要し・・・

「そのつもり」がなかったのに、結果的に性犯罪の被害者になってしまった、というケースが少なくない(写真:すしぱく/ぱくたそを加工)

みなさんは「青少年がかかわる性犯罪事案」と聞いて、どんな内容を想像されますか。

チャットアプリを経由した売春を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、実際には、青少年(多くは18歳未満の女子)に「そのつもり」がなかったのに、結果的に性犯罪の被害者になってしまった、というケースが少なくないのです。

この連載の記事一覧はこちら

「そのつもり」がないとはどういうことか。例えば、何らかの弱みを握られて会うことを強要されたり、家にまで押し掛けられたり、待ち伏せされたり……まさに、本当にそのつもりがないのにというケース、本人にとっては「まさか自分が被害に遭うなんて」というケースなんです。

かつてSNS「GREE」で性犯罪被害が多発

実は、私のかつての仕事は「青少年の性犯罪被害を防ぐ」というものでした。以前はSNS「GREE」内でも青少年の性犯罪被害が多発していて、グリーに入社後、最初に取り組んだプロジェクトは「青少年の性犯罪をゼロにする」だったのです。徹底的な対策を進めた結果、サービス内の事件をほぼ消滅させることができましたが、その後も「非出会い系サイト」全体では、青少年が巻き込まれる事件数が増加の一途をたどっています。

そして最近はツイッターなど、設定によっては投稿内容が丸見え、という「オープンなSNS」を舞台に、ごく普通の子どもが狙われるケース、「そのつもり」がなかったのにという事件が急増しているのです。

チャットアプリのような「閉じたSNS」の方が事件が起きやすいのでは?と思われがちなのですが、実はオープンなSNSの方が事件の発生件数が多い状況です。その背景には、犯罪者側のあきれるような「事情」がありました。

次ページターゲットにされるのは普通の子
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。