40歳代の不倫、避妊しないと生じる深刻問題

「どうせ妊娠しないから」と油断すると・・・

49歳と44歳の男女はどんな不倫をしているのだろうか(写真:プラナ / PIXTA)

「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」で「ゲス不倫」がトップテンにランクインし、2016年はあらためて不倫の年だったと感じる。既婚者の恋愛というだけで、多くの人が興味を覚えるのは、潜在的な願望があるからではないだろうか。

筆者は一般人の既婚男女の恋愛を追いかけている。不倫というと、美男美女で経済的にも恵まれた人々が、都心の高級ホテルで行うというイメージがある。しかし、実際は違う。スーパーに買い物に行くような格好でラブホテルに行く、というような情事がスタンダードになりつつあるのだ。

だからこそ「ウチのカミさん(ダンナ)なんて誰も相手にしない」と油断するのは禁物だ。何年間も肌を合わせていない自分のパートナーが、知らない異性と情交を結んでいる可能性はゼロではない。不倫について、社会ではモラル・愛情・執着心などの問題として語られるが、実際に取材していて問題だと感じるのは感染症だ。

出会いはパート先の眼科クリニック

この連載の一覧はこちら

「私、もう44歳で、相手も49歳。お互いに生殖能力は衰えていることがわかっているし、まあ、いろいろな問題があってナマでするじゃない。そしたらまさかのクラミジア感染症になっちゃって。治療期間の2週間の間、ダンナに誘われないかと思って、ひやひやしました」(44歳・パート勤務・女性・高校1年生男子の母)

ちなみに、この女性の不倫相手は、メーカー勤務。写真を見せてもらったが、背が低く薄毛で眼鏡をかけていて、パッと見、冴えない。ふたりの出会いは彼女がパート勤務している眼科クリニック。顔見知りになってから、最寄り駅で偶然出会い、彼のほうから「交換しましょう」と言い、LINEで連絡先を交換した。

そのやり取りから3日後、彼女が彼のことを気になりだしたタイミングで、彼から食事の誘いが来た。指定したのは、JR大塚駅前にある、客単価4000円程度のチェーン居酒屋だった。3時間ほど楽しく飲み、そのままラブホテルに行った。ある土曜日の18時スタートの22時帰宅。夫と息子にはママ友と飲み会と言って家を出ており、そのことについては誰も疑わなかった。

次ページデートを重ねた結果……
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。