不倫で起こっている「モテの確変」のリアル

ブサメン、ロースペ男子がなぜモテる?

「不倫をしている人は、美男美女が多い」は幻想かもしれない(写真:zon / PIXTA)
多くの人が「不倫をしている人は、美男美女が多い」と感じている。筆者自身も、有職女性の不倫事情の取材を始めるまでそう思い込んでいた。しかし、実際はそれと180度異なる世界が広がっていた。40人以上の不倫をしている男女に話を聞いたが、髪がボサボサで小太り体型のフツーのオバサンや、ブサメンと言われる男性も多かった。従来の恋愛の常識的には、“圏外”と言われるであろう彼らが異性にモテ、恋愛を楽しんでいたのだ。

 

「常識とは18歳までの偏見のコレクションだ」と言ったのは、アインシュタイン博士だが、不倫当事者のインタビュー取材をしていて、これほど博士の名言が心に響いたことはない。というのも、日本人にとって恋愛と容姿の関係は大きな問題だからだ。

実際、筆者自身もかつて告白した男性から「顔が無理なんだけど……」と言われて大きなショックを受けた経験がある。多くの人にとって、恋愛と容姿は相互に関係しており、そのトラウマなどで苦しむ人も多数いる。男性にとっても恋愛と容姿は大きな問題で「僕は頭が薄く太っているから、おカネがあっても恋愛できない」と多くの人が語っていた。

“結婚相手”として人気があっただけ

この連載の一覧はこちら

しかし、最近は“イケメン=モテる”という常識に変化が起こっている。イケメンと言われている40代の男性10人が「最近、モテなくなった」と異口同音に言っていたからだ。彼らに「いつ、モテ期だったの?」と聞くと、27~32歳のアラサー期を答える人が8人もいた。そういう男性の共通点を挙げてみよう。

アラサー期にモテた男性の共通点
・一流企業など安定感がある会社や団体に勤務し高収入。
・妻との仲はあまりうまくいっていないことが多い。
・身長を含めて容姿がそこそこ整っていて流行に敏感。
・高学歴(中学受験を経験した人が比較的多い)。
・(見た目だけでも)優しそう&誠実そうに見える。
・男友達とつるむのが好き。
・SNSに積極的に投稿している。

上記のような共通点を見てみると、結婚相手としての条件に女性が群がっていたにすぎないのでは……という考えが頭をよぎる。彼らにモテ期の武勇伝を聞くと、同時に2~5人の女性と交際していたとか、美女間で取り合いが起こったなどの体験談を1~2個は持っている。

次ページどれくらいモテたのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。