不倫容認!高学歴夫婦「オープン婚」の実態

「賞味期限」が終わる前に満たされたい!

人生のパートナーがいても、女性が恋愛を求めるのはなぜだろうか(写真:わたなべ りょう / PIXTA)
20年近く“働く女性”を取材し続けてきた筆者が、ここ数年の変化として顕著に感じるのは、稼ぐ女(妻)に不倫をしている人が多いこと。彼女たちの共通点は、夫も子どももいて、年収600万円以上を稼ぎ、離婚してもビクともしない生きていくスキルを持っていること。何が彼女たちを不倫に向かわせたのだろうか。

 

打算で結婚し、女の賞味期限の焦燥感で不倫に走るが、家庭をしっかりと維持している――そのような傾向が強いのは年収600万円以上の既婚女性たちだ。筆者が取材し続けている彼女たちの共通点は5K(経済力がある、キレイ、賢い、軽い〈体重と気持ち〉、子どもがいる)だ。

この連載の一覧はこちら

彼女たちは、離婚しても生活に困らず、子どもがいるので人間的な安定感があり、社会的分別がある人が多い。それゆえに、『失楽園』(渡辺淳一著)に代表される一昔前の不倫のように、人生かけて恋に走る、という恋愛至上主義的傾向をほとんど感じない。

彼女たちが楽しんでいるのは手軽なレジャーとしての不倫だ。コミュニケーションのインフラ(SNSやスマホ)が便利になり、既婚者でも相手を選びやすく、連絡も取りやすくなっている昨今では、不倫というレジャー施設の門はつねに開いている。ただ、そこは激しい中毒性があり、知性と客観性がないまま踏み込んでしまうと、ストーカーになったり、借金するなど、身を持ち崩す傾向が強い危険な地帯だ。

しかし5Kの彼女たちは経済力があり、容姿にも自信があり、気持ちが安定しているから、最初の高揚感が落ち着いてしまえば不倫にのめり込むことはなく、どこか危険なゲームとして楽しめる。そのゲームの参加ルールは簡単だ。外見を身ぎれいにして、ちょっとしたバカを演じ、男性から誘わせ上手になればいいのだ。

不倫をお互いに認める「オープン婚」

さて、そんな妻がいる夫の真意に興味を覚え、取材を進めると「ウチもとうとう“オープン婚”にしたよ」というフレーズを耳にするようになった。彼らの話を総合すると、オープン婚とは、相手の不倫をお互いに認める、ということだ。試しに“オープン婚”とネットで検索しても、婚姻関係にまつわる用語はヒットしなかった。

そもそも、不倫にまつわる実情や、幸福な夫婦関係に落ち着くような話題は、表に出てこない。不倫のリアルは同じような考え方をして、心を許し合った者だけが、ひそやかに語り合うものだ。

なぜなら、不倫が露呈すると非当事者から糾弾されるからだ。不倫している人が注意すべきは、家族バレではなく、他人バレだ。ここで言う“他人”とは世間という仮面をかぶり、暴走する正義だけで人を裁き謝罪を求める不特定多数の人々だ。

次ページ「オープン婚」の実情とは……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。