30~40代男の「若い子との結婚」が無謀なワケ

独身が抱いている願望を現実が打ち砕く

誰しも理想は高いものですが・・・(写真:kou / PIXTA)

これまで5000人を超える30~40代の独身男性からさまざまな悩み相談を受けてきました。しかし、同世代の女性たちが「〇〇だから不安」「〇〇のリスクは避けたい」と具体的な悩みを打ち明けるのに対して、男性たちは「そろそろヤバイと思いました」という漠然とした不安を抱いているだけ。大半の独身男性は、「『何がどれくらいヤバイのか』自分でもよく分かっていない」のです。

「仕事はそれなりにソツなくこなせるけど、恋愛・結婚はうまくいかない」
「会社の女性社員とはうまく話せるけど、飲み会では女性との会話が盛り上がらない」
「長いつき合いの友人はいるけど、あまり会えなくなって1人の時間が増えた」
「まだ大きな病気やケガはしていないけど、ときどき胸や胃腸に違和感がある」

 

このように「自分なりに楽しく暮らしているけど、何か引っかかるものがある」という心のモヤモヤが年月とともにジワジワと心身に蓄積されて、大きな不安になっていくのです。

なかでも、彼らが最も不安を感じているのが結婚。「もう若くてかわいい子とは結婚できないのか?」「このまま結婚せず一生一人で生きていけるのか?」と頭の中で考えながらも、一歩踏み出すことができないまま、いたずらに年齢を重ねてしまう男性が少なくありません。彼らにとってどんなものが結婚の障害となっているのでしょうか。

「男の30~40代はまだ大丈夫」のうそ

独身男性たちは結婚に関して、「女の30~40代はキツイけど、男の30~40代はまだ大丈夫」という楽観視をしがちですが、それは間違っています。「男は若い女のほうが好きだから」という発想から楽観視してしまうのですが、だからと言って男性のほうが結婚しやすいわけではありません。結婚市場における30~40代男性は年齢以前の問題で、非常に厳しい状況下に置かれているのです。

次ページ一生に一度は結婚したい、と思っているのなら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。