日経平均は後場崩れ200円安の安値引け

アジア株安で後場に入り相場つきが一変

8日の東京株式市場は反落。日経平均株価は前週末終値比200円63銭安い1万4109円34銭、TOPIXは16.00ポイント安の1172.58だった。売買高は概算で32億6427万株、売買代金は同2兆5155億円だった。

先週末の米国株式市場は、6月の雇用統計が前月比19万5000人増(非農業部門)と市場予想を大きく上回ったことを好感して景気敏感セクターを中心に買われ、主要3指標がそろって続伸。ダウ工業株30種平均は前日終値比147ドル29セント高い1万5135ドル84セントと6月18日以来の高値を付けた。

外国証券は9日連続の買い越し

朝方の外国証券会社の売買動向は、売り1030万株、買い1780万株で差し引き750万株、9日連続の買い越しだった。

こうした流れを引き継いで東京市場も続伸して始まった。寄り前の8時45分ごろに東京外国為替市場で円が1ドル=101円台と1カ月ぶりの安値を付けたことも支援材料となり、主力輸出株などに買いが先行。日経平均は前週末終値比181円高でスタート。9時26分には本日の高値となる1万4497円まで付けた。ただ、遅れて始まったアジア市場が軒並み安く推移し始めると、日経平均は10時20分すぎから急速に上げ幅を縮小したが、前引け間際に再び持ち直し、前場を前週末比55円高とプラス圏で折り返した。

昼のバスケット取引は120億円程度と低調ながらも、「売り買いほぼ均衡」と伝えられた。

次ページ後場に入り崩れる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。