記事広告アーカイブ

管理会計がビジネスに不可欠な理由

評価軸を明確化するメリットを享受せよ

複雑化する今後のビジネスに求められる戦略的な経営。その実現のために論理的な分析が必要不可欠なことは言うまでもない。そして、このニーズに応えるために、経営トップやビジネスリーダーが身に付けるべきスキルのひとつが、管理会計である。

管理会計はすべてのビジネスパーソンに馴染みあり?

ビジネス戦略を立てる際、まず自社の状況を客観的に見極めることが必要だ。しかし、多様化、複雑化する経営環境の中で、それを実現するのは非常に難しい。そのような課題を解決するソリューションが「管理会計」だと語るのが、早稲田大学ビジネススクール(以下、WBS)で「管理会計」「財務会計」「財務分析と財務管理」を受け持つ西山茂教授だ。

「会計は、財務会計と管理会計に分かれます。財務会計は、投資家などに向けて決算書を作成する、外向けの報告。一方、管理会計は企業内部で数字を使うもの。管理会計は、英語で『マネジメントアカウンティング』と言う通り、経営管理のための会計です」

会計と聞くと、日ごろ数字に親しみのないビジネスパーソンは身構えがちだが、実は日々のビジネスの中で普通に接しているのだという。たとえば、月次の売上金額や商品の損益分岐点など、社内で数字を使う話はすべて管理会計なのである。

次ページ値上げ、原価抑制、数量増でインパクトが大きいのは?
管理会計がビジネスに不可欠な理由
早稲田大学ビジネススクール 西山茂教授
グローバルな視点と深い知識でビジネスを牽引
真に価値のあるビジネスパーソンを創る
現場から最大限の価値を作り出す経営を学ぶ
現場部門の経営者と仮定し学んだ知識を活用