松下幸之助「派閥をつくる会社はダメになる」

経営の神様が問わず語りに語ったこと

松下幸之助が考える、「経営がうまくいった理由」とは?
江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下電器産業(現パナソニック)の創業者である松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営の奥義について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げるヒットになった。本連載は、この『経営秘伝』に加筆をしたもの。「経営の神様」が問わず語りに語るキーワードは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

派閥を作らず、みんなで力をあわせ

この連載の一覧はこちら

経営がうまくいった理由のひとつは、会社のなかに派閥を作らんかったということやろうな。

とにかく、学閥とか、あるいは、ようあるやろ、社長派とか専務派とか、そういうものも作らんかったし、作らせんかった。そういうものは社内に対立を生み出すばかりではなく、会社全体の力を分散させることになるわね。全員で一丸というところを、派閥があればそれが出来ん。

知恵を集めて仕事を成功させようとしても、派閥があれば、その知恵も十分に集められんということになる。そんなことでは、激しい競争に勝てるわけがないやろ。うちの会社が成功したとすれば、派閥を作らず、みんなで力を合わせたからや。

それから、ガラス張りで経営をやったというのも、よかったかもしれんね。わしはな、会社の社員が十数人の、まあ、個人経営のときから、毎月の決算を社員に公開してきた。今月はこれだけ売れた。これだけ儲かったということを、従業員諸君に知らせてきた。個人経営やから、そんなことをする必要もなかったけど、社員が力を合わせて、出した成果や。はっきりと知らせなければ、あいすまんと思った。

それで、みんなで努力した成果は、こういうことですよと、知らせてきたんやけど、それが社員諸君に非常な励みになった。みんなが、さらに一生懸命働くことになったんや。そこまで、わしは考えてへんかったけどね。そういうことで経営の成果を公開すると、社員が、それはよかった、来月も頑張ります、と言うようになった。

次ページ「この会社は自分の会社だ」と思うようになる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。